ポリシー 


 「人を活かす」

  最近は不況色が薄れてきつつありますが、依然先の見えにくい世の中だと言えます。しかし、こういう状況下でも成功を収めている企業は少なくありません。そういう企業には、他社にない商品、製品、サービスがあり、優れ、あるいは自社によくマッチした、マネジメント方式があります。

  しかし、結局のところは人です。きちんと「人を育て」「人を活かす」ことが実践できている組織が勝ち残ります。企業は人なり、と良く言われる通りです。

  「人を活かす」のに社外からの刺激を使うのは有効な手法の一つです。イイ・モア総合研究所は是非そのお手伝いをしたいと考えています。サービスに挙げた内容は総て、「人の活かし方」の具体策として例示したものです。)



 「CPC」

 「PDCA」−Plan, Do, Check, Actはご存じのようにマネジメントサイクルと言われ、マネジメントの基本です。
 「CPC」は創造の意味のCreationから「C」を、「PDCA」からコンサルタントの支援の主となる「P」、「C」をとったものです。
 頭の「C」(Creation)は案外見過ごされ勝ちですが一番大事だろうと思います。今もっているものを管理するだけでは企業に発展がありません。

  変化の激しい現在では、「マネジメント」の手法や中身を、今まで以上に短いサイクルで継続的・創造的(Creative)に見直してゆく必要があります。

  組織内だけの取組で創造的変化させてゆくことは難しいものです。
  イイ・モアはその変革を支援します。



 「コンサルティング」

改革、改善は「氣づき」から始まります。しかし、自分一人で「氣づく」内容は限られるものです。

「氣づき」能力を何倍にもする。たとえば一人では永遠に氣づかない、あるいは1年もかかるものに1時間で氣づく。場合によっては5分で氣づく。

それを可能とする「氣づき」、それを支援をするコンサルティングをご提供します。